ブログトップ

タグ:Salamanca ( 18 ) タグの人気記事

酔っぱらいvs寝起き

たいじさんからの電話。

Pepeがスペインに居たころに非常にお世話になった方で、今はシドニーだかメルボルンだかにおられる。

少し居眠りしていたところを起こされた電話だったので、Pepeはかなり不機嫌。

たいじさんもおそらく酔っ払っていたので、二人の話はなかなか噛みあわない。

よくわからない会話だった。

オーストラリアに来るか?という話を6回繰り返し、

仕事はどうしている?という話を4回繰り返し、

結婚したのか?という話を3回繰り返した。

e0147072_2252446.jpg

眠いと何もかも不機嫌になるので、何もかもテキトーに答えました。

たいじさん、ごめんなさい。

電話代、けっこう掛かったと思うよ。

けど、ありがとうございます。

明日もがんばろう!


Pepe
[PR]
by albondiga | 2012-01-18 22:58

Go! Go!

e0147072_1030321.jpg

TJSに食事に誘っていただきました。

T:たい
J:じ
S:さん

たいじさんです笑。

サラマンカでお世話になったPepeの先輩?友人?お兄さん?です。

何でも話せる素晴らしい方で、帰国してからもお付き合いさせていただいてます。

誘っていただいたにもの関わらず、自分の話ばかりになってしまいました。

ただとても良い時間でした。
ゴハンも美味しかった。
ご馳走さまでした。


"eres el primero" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-10-25 10:30

luto

~素晴らしい出会い そして大切な人~

ちょっとカッコ良く始めてみました。

スペインでお世話になった監督からメールが来た。
返事だね。Pepeが先に連絡しました。

二年目のシーズンにチームを率いた監督なんだけど、シーズン途中で監督に就任し、途中で解任されたという彼にとっては厳しい一年だった。同様に選手にとっても、そしてチームにとっても厳しいシーズンだったと思う。

ただ、Pepeは彼と良い関係を築くことが出来たんじゃないかと思う。伝えたいことは直接伝えたし、彼も正直に話をしてくれた。そして何より、選手から話を聞き出す術を知っていたと思う。
それはPepeにとってすごく救われた部分だった。

その年は色々なポジションでプレーしていたんだけど、多くの試合は左サイドだった。ただ、シーズン途中で彼が就任してからはボランチでプレーすることが常となった。どこが好きで、どこが嫌だということはなしにして、そこが自分にとって一つの“仕事場”であることは間違いない。

それ以来、Pepeのことを“オレのお気に入りのボランチだ”と言っていた。

自分で自分自身のことを書き綴るのはあまり好きじゃない。恥ずかしい。

“別にあんたに気に入られるためにサッカーやってるんじゃないよ”とはもちろん言わなかった。

結局、シーズン途中にその監督も解任されてしまってチームは降格したんです。寂しい。

寂しいけれど、それも一つのサッカーの要素。勝つチームがあれば、負けるチームもある。

Garrido(ガリード)という名前の監督なんだけど、久しぶりに連絡をしてみた。

時が経つのは早いね~
もうクラブに所属してサッカーはしていないよ~
ただ、時々サッカーの通訳やっているよ~
今はアルゼンチンの監督と仕事を共にしているんだ~
SalamancaでGarridoのチームでプレー出来て良かったよ~

ってね。するとすぐに返事が来て、Garridoは今シーズンValladolid(バジャドリード)の女子チームのコーチに就任したとのこと。プロチームだ。

e0147072_22333536.jpg
<上段 右から二番目がGarrido>

いつも、誰でも、ゴールを決められるわけじゃない。

100人いて、100人がプロになれるわけじゃない。

サッカーってそういうもんだ。

うまくいかないことがほとんど。

だけど。

いつでも、誰もが、いろんな人と出会うことが出来る。そして出会いが、縁となる。

“あなたにとってサッカーとはなんぞや??”

と聞けば、一人一人違った答えが返ってくると思う。

Pepeにとってのサッカーとは??

二分間考えてみたけど、答えが出てこない…。

五分間がんばってみても思い浮かばない…。

う~ん…。

投げ出すよ…。

スパイク磨きます。


"que descanse en paz" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-08-09 22:45

ちょっと。

サッカーとの関わり方について考えてみた。半年くらい前のNIKEの広告を読んでその一つに「最後にプレーした試合はいつだ?」って言葉があった。他にも「球際で勝つことができるか?」「ゴール前の嗅覚はあるか?」「練習でも叫ぶほど悔しがれるか?」とか色々あったんだけど、一つ一つの答えを真剣に考えちゃったりして…。
これからのPepeのサッカーについて書いておこうと思う。

「最後にプレーした試合」

強い心が持てなくなって、ない頭で考えてもどうしようもなくて、楽しさを感じられなくなった。

e0147072_15522065.jpg

日本に帰ってきた理由を聞かれ、答えるのが面倒くさい時は“ホームシックになったから”ってな感じで簡単に片付けていた。どこかで周りの人を下に見ていた部分があったんだと思う。たかだか2シーズンスペインでサッカーしただけで自分が大きく成長したかのように思っていて、もちろん「謙虚、向上心、ひたむき」って言葉は常に頭の中にあったんだけど、自分が経験した多くのことは“どうせ理解してもらえないだろう”って思っていた。

だからあまり話したくはなかった。ちょっと違うな、「話せる人を選んでいた」こっちの方が正しい。考えてみればいつもそうやって人と接してきたのだと思う。サッカーに限らずね。基本的には誰に対しても優しく接するって思いを持っていて、持っているけど、でもやっぱり心を許せる人とそうではない人がいて、なかなか心を開けないなんて部分もある。位づけっていうのかな、なんかスゲー嫌なやつみたいに思うかもしれないけど、自分の本心とは裏腹に知らぬ間に形成されていったんだと思う。言い訳っぽいけど、体でそうやって理解してしまっているから自分でもどうしようもない。その自分の中にある“位づけ”の高くない人もPepeのスペインでの経験だとかに興味を持って聞いてくれるけれど、なんて言うか“あなたと深い話は出来ない”みたいなね。めちゃくちゃズルイ人間だ…とも思うし、ただ、自分に対しても他人に対しても正直でいたいという思いがすごく強いから、嘘はつきたくない。だからつまらなさそうな態度とか出やすいし、考えていることがわからないなんて言われることもある。当然だ。サイコメトラーもサトラレもドラマの話だし、オレもあなたの本心はわからない。

警戒心が強いんだと思う。警戒心は強いけれど、例えば初めての場所で道に迷ったらすぐ人に聞くし、しかもそういう時にはなるべく女性を選ぶようにしたりしなかったり004.gif

自分じゃ自分自身が正直かどうかってのは判断できないけど、常に正直でいたいって思ってる。

なんて言うんだろうね、だから、その、サッカーだよね。

e0147072_15534792.jpg

少しはっきりさせたいなぁなんて思って。
最後にプレーしたのは去年の5月。試合の前から“これが最後かもしれない”ってのは漠然と思っていたし、当時の日記を見てみたらやっぱり文面が苦しんでいた。自分はその苦しみを乗り越える力を持っていなかった。そういうことなんだよ。おそらくそこがPepeの限界。高校時代の監督は“限界を自分で決めるな”とよく言っていた。それもわかる。走りのトレーニング中に“本当に限界に達した人間はグランドでぶっ倒れるんだぞ”と。半ば理不尽な発言にも取れなくもないけど間違ってはいない。ただ、間違いなくPepeの限界点はそこだった。実力が足りなかった。いろ~んな要素を含めての実力。強いて言うならグランドから離れたところでの生活。常にスイッチが入ったままで、リラックスしてるつもりでも実際はそうでなかったんだろうね。いつもサッカーのことを考えて生活してて、何をするにもそうで、今までもそうやって来たからそれが間違ってたなんてことは思わない。けど、シーズンが終わって次のステップを考えた時に、今までの習慣だったり考えを変えていかないと厳しいなと思った。今ではそうやって対応策が浮かぶけど、当時はそこまで考えられなくて。“あ~もう無理だ…帰ろう”ってね。2部Bのとあるチームの練習に参加しないかという話もあって、自分はそういう目標を持ってスペインへ戻ったわけなんだけど、話が来たときはその先も戦えるような状態じゃなかった。

簡単に言ってしまえば精神的に強くなかったということ020.gif。色々あったけど、総称すればホームシック。

考えて、多くの人と話をして、話を聞いてもらって、帰国を決めた。自分の決断。親とか日本にいる友人とか現地でお世話になった人とか、いろんな人の顔が浮かんでちょっと寂しいような申し訳ないような気持ちにもなったけど、当時は相当気持ちが萎えていたのだ。そして辛かった。と、最近になって思うようになった。だから、今でもスペインで戦っている仲間は本当にすごいと思う。強い精神力。めちゃくちゃ強い精神力。言葉にすると効果が薄れてしまいそうだけど、本当に強い気持ちを持っている者だけが戦えるんだと思う。あっぱれだよ006.gif

と、まあホームシックの話はここで終わり。

今もサッカーは続けてる。インターネットを通じて知り合った方たちと共に毎週ボールを蹴ってます。今までとは違った新しいサッカーとの関わり方を見つけたって感じ。これがまた面白い。
e0147072_15563757.jpg

生活も少しずつ変わってきた。朝方のスペインリーグを見ることもほとんどないし、欧州のサッカーに対する興味も若干薄れてきた。学生時代はとにかくセリエAみたいな考えだったけど、今ではもっぱらJリーグ。これと言って応援しているチームも無いけど、強いて挙げるならヴェルディ。東京に住んでるけど、どちらかと言えばFC東京よりもヴェルディ。かと言って味スタにFC東京の試合を観に行ったりもするし、時にはJFLを観に行ったりもする。好きな選手は浦和のポンテとか川崎の中村憲剛。注目しているのは山形の石川とかFC東京の大竹。最近は見てないけど甲府の杉山って選手も好きだ。

サッカーに失礼のないように、トレーニングもするようになったし、新しい仕事も見つかったり見つからなかったり。その辺りはまだまだ不安定だけど、おかげ様で何とか今日も生きている。

言葉にしてみることで少しは頭の中が整理されたんじゃないかなと思うので終了。
「出会い」と「縁」。どちらも似たようなもんだけど、二つは別のもの。
なんとなくPepe流の定義を見つけようと思う。なんとな~くね023.gif


“este mundo es un pañuelo” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-04-20 16:05

第1回 "今日はPepeの何の日??"

2007年2月3日は、Pepeが誕生した日。

場所はToro(トロ)というサラマンカの田舎町だ。

その日はリーグデビュー戦。

ベンチスタートだったPepeは残り時間5分、1-1の場面で投入された。

それまで二ヶ月くらい練習生として参加していたのでチームメイトやスタッフからは既に名前で呼ばれていたんだけど、試合を観に来た人たちはおそらくその日に初めてPepeを目にしたんだと思う。

Pepeが交代でピッチに入ると同時にスタンドから Vamoooos Pepeeeee!!の声が。

声の数は次第に増えていく。

試合はそのまま引き分けた。

シャワーを浴び、着替えてボカタ(サンドイッチの友達)を食べているときに、なぜPepeだったのか理由を聞いてみると…

"だってまだ名前知らないじゃん!!"

…その日以来しばらくチームメイトにもPepeと呼ばれる時期が続いたのだ011.gif

e0147072_21254482.jpg

というわけで。

今から二年前の今日、2007年2月3日は当ブログ筆者のPepeが誕生した日なのである。

チャンチャン006.gif


"dos añitos recién cumplidos" Ken
[PR]
by albondiga | 2009-02-03 22:01

私生活

郵便局へ行く用事があったので8時に起床。
9時から開いていると思ってたけど9時半からだった。020.gif
荷物があったので家に帰るのも面倒くさい。近くで軽く朝飯食うのも面倒くさい。口癖っていうか性格なんだよね、”メンドクサイ” っていうやつ。

面倒くさいながらも結局、郵便局の向かいにあるカフェで朝飯。と言ってもコーヒーと菓子パン。
napolitana(ナポリターナ)っていう、まあチョコパンだね。最近はcafé con leche(カフェオレ)に砂糖を入れることを覚えた。もちろん知ってたよ!! でも今まではずっと砂糖なしで飲んでたんだ。砂糖なしで飲んでいたことにも、砂糖を入れ始めたことにも別にこれと言って理由はない。なんとなくだね。

郵便局で荷物を送って帰宅。ちょっと走りに行ったよ。珍しくね。なかなか気持ちよかった。ここ数日はいい天気が続いてるから、気分も晴れる。街中からスタートしてサラマンカのホームスタジアムまで往復。スタジアムを折り返し、少し疲れが出てきたところで親父ランナーを遠くに発見。こっちに向かってくる。すれ違い様に親指を立てて合図を送ると、同じように親指を立てて笑顔で返してきた。見知らぬ親父の、たった一瞬の笑顔からでも元気をもらった。それが綺麗なお姉さんだったら何十倍にもなったんだろうなーと、親父であったことを悔やみつつも、恨まれそうなので感謝をしといた。

Gracias(グラシアス:ありがとう)。006.gif

帰宅し、シャワーを浴びてストレッチ。冷蔵庫から、おととい作った炊き込みご飯もどきを取り出し、レンジでチン!! 目玉焼きと一緒に食ってやった。 ”もどき” の料理だったらバリエーションは結構増えた。

おかん不在の時に、親父が料理をした時のセリフはいつも ”どうだ?食えなくねーだろ?” だ。

まあ食えなくねー。

同居人はコロンビアの女の子二人なんだけど、どちらもいない。

台所を掃除。

今日は18時からスペイン代表の試合がある。

20時からはフットサルの試合だ。

起きるまで昼寝しよう。

そうそう。24日に帰国します。”シーズンが終わったら…”ってのは前々から考えていて、まあ来シーズンのこともあるけど…。

それについては前回、交渉次第だということを書いた。でもなんか違う気がする。違う気がした。自分の気持ちが一番だ。

まあその辺のことは、明日Villamayorでtriangular(トゥリアングラール:三角形、3チームの対抗戦?)があるし、その後に書こうと思ってます。

じゃあ昼寝。029.gif


Pepe
[PR]
by albondiga | 2008-06-14 21:09

迷い

オファーを受けた。今シーズン、Salamancaのリーグで優勝し、来シーズンは地域リーグに昇格するVillamayor(ビジャマジョール)というチーム。昨日そのチームと練習試合をやったんだけど、チームの監督から ”来シーズンうちに来ないか?” という話を持ち掛けられた。その監督は昨シーズンMonterreyでお世話になった監督で、よく知ってる人物。今シーズンからVillamayorの指揮を執っていて、オレが今回スペインに戻ってくるときにも誘ってくれた。

環境はSalamancaでは一番と言っていい。天然芝のグランドは一部リーグ並み。本当にきれいだったし、新しくもう一面作るとのこと。しかもロッカールームの横には温水プール。試合後に入ったけど、笑っちゃうくらい素晴らしい。選手はそれぞれ毎月結構いい金もらってるし、プラス勝利給。

選手の質もなかなか高い。やっぱり金持ってるクラブは違う。
つくづくそう思う。013.gif

”来い!!” とは言われたけど、”待て!!” と言った。即決はできないんだよ。直感で決められるようなことじゃない。来季のメンバーは、今シーズンの選手をベースにして、そこに新しい選手を何人か補強するというイメージらしい。軸の選手はほとんどが去年のMonterreyのチームメイトなので、チームに入りやすいということは確か。

ただ、今シーズンはいろいろあり過ぎた。本当に疲れたし、それは ”結果” によるものじゃなくて、サッカーそのものに対して感じたもの。理解力とか、感受性とか、信頼感。それらを自分はチームの仲間に対して持てていなかったと思う。勝つ為に必要なことをチームとして実行していなかった、と。

もちろん自分は自分のことしかわからないし、チームメイトもそれぞれ自分のことしかわからないから、実際のところはわからない。ただ、自分はグランド内での仲間に対してそう感じてしまったし、憤りすら覚えた。終盤は ”怒りを力に変えて” って言うのかな、そんな気持ちでプレーしてたし、それは精神的に本当に疲れる作業だった。気分も悪くなった。

ただ、さっきも書いたけど選手一人ひとりがどう戦っていたのかは、選手自身にしかわからないってことは理解してる。二度の監督交代があり、三人の監督が指揮を執った。何人もの選手がチームを出て行き、さらに新しい選手が入ってくる。自分自身も、シーズンが始まってからチームに合流した選手の一人ではある。そういうことを考慮すると、チームが一つになる時間がなかったと言えることもできるんじゃないかな。開幕時のメンバーとシーズン終了時のメンバーを見てもそれは歴然としてる。まあ、いくつもの負の要素が重なり合ってこうした結果になったんじゃないかと、自分なりに分析してみた。

そういうこと考えるとさ、自分は選手の域を超えちゃってんのか?って感じる。監督でもないし、オーナーでもないし、ただの一選手なのに、どうしてもいろいろ言いたくなってしまう。いろんなところに目を配っている、視野が広いと言えば聞こえはいいかもしれないけど、自分でも不思議に思う。変だよ。でも、失敗の理由を探すとどうしてもそこに行き着いてしまう。完璧なんてことはあり得ないんだけど、チーム内に小さな穴が見つかったら、どうしてもそこを埋めたくなる。 ”なんとか自分で!!” って思っちゃうんだよね。

オファーの話に戻るけど、正直迷う。あんな環境を目の前にしたら、誰でも行きたいと思うのは間違いない。実際、多くの選手がプレシーズンに練習生として参加するって話も聞いてる。そういった魅力のあるチームから話をもらったってことは素直に嬉しい。ただ、嬉しいけど、迷うのよ。

”何に迷うんだバカ!?” って話はちょっと置いといて、今 言えることは ”全ては交渉次第” だということ。日本とスペイン間の距離とか、生活環境の違い、まずはその辺りを十分に理解してもらい、さらに来シーズンの目標とか、突っ込んだ話をしてみたいと思う。

大いに迷うよ!!

なんじゃそりゃ?? 015.gif


Pepe
[PR]
by albondiga | 2008-06-06 03:57

いっつもサッカー

e0147072_20401981.jpg
砂浜で…

小学生時代のPepeとその仲間たち。
チームの練習が週3~4回、スポーツクラブの4階にある体育館で行われていた。学校が終わり、自転車で友達の家に集合。サッカーゲームをしてから練習へ行く。2時間程度の練習が終わると隣の公園へみんなで移動。芝生(というよりはただの草に近いけど、 ”芝生” って呼んでた)でボールが見えなくなるまでミニゲーム。自転車を四台、コの字型に並べてゴールを作る。両サイドに比べると、正面に置かれている二台の自転車は、シュートの際のダメージをかなりの確率で受けやすいので、誰もそこに置きたがらない。みんな本気でシュート打つし、自分のチャリを ”襲撃” されたやつは本気で怒る。まあそういうのはお互い様。

みんな仲が良くて、サッカーが好きで、負けず嫌いで、いつも一緒にいた。サッカーしかやることがなかったって訳じゃないけど、集まればいつもサッカーしてた。公園の芝生が人で一杯のときはチャリでサッカーできる場所を探しに行った。

e0147072_20413999.jpg
調子に乗ると…

昨日、チームのみんなとフットサルをした。移動手段は車で、ゴールもきちんとしたものだけど、場所を探して、なかなか空いてる場所が見つからなくて、それでもなんとか見つけて、暗くなるまでボールを蹴った。

そういう仲間が身近にいると嬉しいし、自分もそういう仲間でありたい。

人生はサッカーだけじゃないけど、今まではごく自然にサッカーと共に生きてきた。

e0147072_20421168.jpg
こうなる…

これからも、ごく自然に、そういう人生が続くのだろう…なーんて思った。043.gif


Pepe
[PR]
by albondiga | 2008-05-30 00:39

今日の出来事

フットサルの試合へ行き、一週間ぶりにボールを蹴った。チームメイトの友人でEugenio(エウヘニオ)と言う名前の、この辺のフットサルの世界じゃ超有名らしい人が助っ人で来た。何度か試合に来ていたらしんだけど、オレはMonterreyの試合と重なっていたから行けず、今日初めて彼に会い、そして一緒にプレーした。スペインのフットサルについてはほとんど知らないんだけど、聞いた話によると一部リーグでやってた選手とのこと。年齢は30代半ば、とみた。

よく声を出していたな、本当に。指示だったり、プレーの後の一言だったり。いつもはタイムアウトとかハーフタイムの時にはお互い言いたいことだけ言って時間を失ってるだけなんだけど、今日はみんなEugenioに注目。ちょっとウケタ…003.gif

オレは何を言ってもこつらに口じゃ勝てないと思ってるからいつも黙って聞いてるだけなんだけど、あんなうるさい仲間たちが黙って人の話を聞いている姿にちょっと驚いた。やっぱり ”経験” って貴重なものだと思うし、またそれをチームの勝利の為に生かすことが大切なんだと家でシャワーを浴びながら思った。

ただ試合は負けた。確か2-4だったと思う。

Genio(ヘニオ:天才)がいても、勝てない時だってある。

やっぱりセンスも大事だと思うよ。

けど、センスの差ならチーム力で簡単に補える。

まあ ”簡単に補える” ところにたどり着くまでが大変なんだけどね。

たぶんヤツもそう思ってたぜ!! と勝手に想像。

フットサルと言えば、今月から大学の後輩がブラジルのチームの練習に参加しているんだ。こいつはオレの次かその次くらいにサッカー、まあ今はフットサルだけど、球蹴りが好きで、日本に帰ってくるのか帰ってこないのか知らんけど、これからが非常に楽しみ。ちなみに、オレの次かその次くらいにグランドの中では負けず嫌いだと思うよ。やれる子です!!006.gif

シャワーを浴び、友人と久しぶりに映画館へ。Indiana Jonesを観てきた。前作までと比べると、 ”ちょっとねぇ~” という印象。ただ、インディー・ジョーンズは、親父の次の次か、その次くらいのオレのヒーローだからね。DVDも去年こっちにいた時に買ったし。大好きなんだ。

大型スーパーで三部作セット&特典映像付きで、18ユーロで売られていのよ。2900円くらい。こりゃ買うしかないと思い、即購入。ところが…他にも一緒に買ったものがあったんだけど、それにしてもちょっと高くないか?と思い、家に帰ってレシートを確認してみると、Indiana Jones:46ユーロ!! 7000円くらいだよ!!

18ユーロってのもオカシイとは思ったけどさ、ちょっとショックだったよ。けど店には戻らず、そのまま。ずっと欲しかったし、まあどうせいつか買うだろうと思って、 ”まぁいっか” って。

次に行ったときには値札が全て46ユーロに直されていたヨ。

そんなことがありました。037.gif


Pepe
[PR]
by albondiga | 2008-05-25 11:11

キックベース

昨日の練習でキックベースをやった。何年ぶりだろうな…。

つーか、野球すらほとんど知らないスペイン人がよくキックベースなんて遊び知ってたなーと少し感心。

昨日はグランドが使えなくて、近くの川の横にある、運動場での練習だった。

他にもトレーニングをしている人がいるんだけど、20分間のペース走の後は、お構いなしで本気キックベース。

ただ、ちょっと日本でやってたのとはルールが違う。

ケガ人もいたり、なんやかんやで、5人対5人で対戦。

1: ピッチャーは浮き球を投げる。下投げね。つーわけで、バッターはボレーを打つことになる。

2: ベースが5塁まである。

3: フライはそのまま捕ればアウト。

4: ゴロの場合は、走者が塁に着くまでに、ピッチャーにパスし、それをピッチャーがキャッチすればアウト。

5: 攻守の交代は1アウト。


大まかなルールはこんな感じなんだけど、思ってた以上におもしろかった。浮き球をボレーで打つのは案外難しく、Pepeの蹴った球は大きな内野フライになってしまった。

日本のプロ野球選手100人が、100人全てアメリカで成功するとは限らない。

日米、いやいや日西だな、ルールの違いに戸惑った…。

なんてね。008.gif

ずーっとホームラン狙いのやつがいたり、不意をついてバントするやつがいたり、野球なんてほとんど知らないくせにそれぞれ自分の哲学があるらしい。

そんでもってバントしたやつには、”つまんねーよ!!” って野次を飛ばしたり…。

ちなみに。ファールの時はFuera(フエラ:ラインの外、外側)、アウトの時はEliminado(エリミナード:消された、排除された)ってみんな言ってた。

ダサいところが笑えたな。041.gif

でも、ダサいところがMonterreyのいいところで、Pepeがこのチームを好きな理由のひとつ。

なかなか勝てないけど、いい仲間なんだな。

なーんてことを思う、今日この頃。

はい、おしまい♪


Pepe
[PR]
by albondiga | 2008-04-25 21:22


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧