ブログトップ

タグ:SBSCUP ( 12 ) タグの人気記事

Pepe、旅立ちそう。

前回からの流れを、ゆるゆると続ける。

◆通訳として歩みはじめる
Pepeが通訳としての第一歩を踏み出したのが「静岡ゴールデンサッカーアカデミー2009」。正確には2008年の夏にスペインから帰国してすぐに経験した「ホンダカップフットサルフェスタ FCバルセロナフットサルクリニック」というイベントが初めての仕事だったのだが、当時は、自分としてはまだサッカーを続けたい、可能であればプレーすることをメインに人生を歩んでいきたいと考えていたから、通訳という職業に対しての情熱もまだなかった。とはいえ、ボールを通じて素晴らしい方々と時間を共有出来たことはこの上ない経験であったし、何と言っても、かの有名な村松尚登さんとご一緒させていただいたことはとてもうれしかった。

静岡の話に戻る。アルゼンチンからミゲル・アンヘル・ミコ氏を招聘したのだが、クリニックを担当する通訳は二人体制であった。二ヶ月以上に渡るスケジュールのなか、通訳は二週間交代という流れだったため、Pepeは静岡と東京を往復していた。静岡ではもちろん現場の通訳業務(ピッチ内の指導通訳や、講演会の通訳、表敬訪問、メディア取材など)を行い、東京にいる際もトレーニングメニューや講演会資料の翻訳といった業務をこなしていた。気になるもう一人の通訳というのが、通称アキ、アルゼンチンで長らくプロ選手として活躍していたナイスガイであり、知り合ってから5年以上経つが、それ以来仕事以外でもボールを蹴ったり、酒を飲みに行ったりしている同志である。

と、ここでメキシコの話「SBSカップ 国際ユースサッカー」が登場する。2009年大会の開催時期がちょうどPepeが東京にいる期間と重なっていた。前回の投稿にあるようにU-18メキシコ代表のリエゾン通訳というポジションが空白になっており、エージェントからPepeの元に声が掛かった。正直、責任を全う出来るかどうかの不安はあったけれど、同時に"おもしろそうだな"という好奇心もあり、承諾。エージェントから業務の内容や、リエゾンとしての心構えなど色々とレクチャーを受け、いざ出陣。細かい業務内容の説明は割愛するが、ここからメキシコとPepeの繋がりがスタートしたというのは前述の通り。

◆SBSカップ 国際ユースサッカー
2009年、ひょんなことから通訳を担当することになった「SBSカップ」。翌2010年には、U-19スペイン代表とU-19ガーナ代表が来日。スペインは、A代表が南アフリカW杯優勝直後ということもあり、けっこう注目度は高かった。ちなみに現在イスラエルで開催中の「U-21欧州選手権」に出場しているスペイン代表の選手のうち数名もこの時に来日していた。

2011年は、U-18メキシコ代表とU-18オーストラリア代表が招待を受け大会に参加。2009年に16歳で来日したマドリガル・ギジェルモ選手(通称:メモ)と再会出来たことはうれしい想い出のひとつである。2009年のメキシコ、2010年のスペイン、2011年のメキシコ、幸運にもPepeは三年続けて一国の未来を担うスーパースターの方々と共に仕事をさせて頂いたというわけだ。
e0147072_26752.jpg
<U-19スペイン代表スタッフの方々(2010年)>


旅立つまでもう少し時間があるのだが、区切りが良さそうなので、ここまでにしておく。

コンフェデレーションズカップを観よう。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2013-06-16 02:22

Pepeのリエゾン通訳その1

Pepeがリエゾン通訳として海外のチームに帯同する際の仕事をちょびっとだけ紹介したいと思う。

2011年のSBSカップで来日したU-18メキシコ代表のケースをモデルに綴っていくことにする。

チームが来日する前におこなう諸準備については、ここでは省略。

それでは、スタート。



◆空港出迎え

初日の朝は早い。メキシコからの飛行機は成田空港に7時頃に到着する便なので、Pepeは旅行代理店の方と共に空港近くのホテルに前泊。22時前後にチェックインし、翌日から始まる業務をシュミレーションしながらぼけーっと過ごして、寝る。翌日は6時ごろに朝食を摂り、リムジンバスで静岡県サッカー協会の方と待ち合わせをしている空港の到着ゲートへと向かう。SBSカップではボランティアで手伝ってくれる学生さんがいる(2~3名)ので、彼らともそこで顔合わせ&ミーティングをおこなう。簡単に自己紹介をした後に、チームが到着してからの動きを確認。

飛行機の到着時刻から20~30分程が経過した頃に、メキシコ代表団が現れる。まずは、一番先に出てきた方を見つけて“お~い!こっちだよ~!”と近づいて声を掛ける。ひとまず握手をかわして“元気かい?長旅は疲れたかい?”と話し掛けているうちにぞろぞろとメキシコの香りが漂ってくる。荷物も多いし、ゲートのすぐ近くだと他の到着客の妨げにもなり兼ねないので、事前に空きスペースを見つけておくことが大切で、選手らをそちらに誘導。ファンの方々を時々見掛けることもあるが、朝早いしユースチームなので?大きな混乱は99%皆無。ぞくぞくと登場するメンバーの中から誰がマネージャー(呼称、役職はさまざま)なのかを聞き出し、自分が通訳であることを代表団の責任者に告げる。

“私の名前はケン バービー人形の恋人です 日本滞在中に通訳として皆さんに帯同いたします”

と、Pepeお得意の挨拶をすると、だいたいの方が笑ってくれる。ノリがいい時には“あはは!それでバービーは一緒じゃないのか!?”などと返してくれることもある。滞在期間中に、チームそしてこちらからのリクエストや連絡事項を伝える際には、マネージャーとやり取りをするのが原則。というのも、選手やスタッフからのリクエストを全て聞き入れようとすると、自分の仕事量が二倍にも三倍にもなってしまい、通訳として定められた業務に支障をきたしてしまう恐れがあるので、あくまでチームとの連絡はマネージャー一人に限定するのが基本なのだ。まぁ、その辺りは国を代表するメンバーであるし、選手もスタッフも海外遠征には十分慣れているので大きな心配はない(とはいえ実際のところは、チームからの度重なるリクエストに頭を悩ませることもしばしばある・・・)。

※Pepeは、チームを空港で出迎える際の最初のコンタクトが非常に大切なことだと思っていて、笑顔で右手を差し出し、まずは自分自身を信頼して欲しいという気持ちを、ちょっとした笑いを込めながら相手に伝えるように心掛けている。

と、最初の挨拶を済ませたところで、メンバーは全員いるか、荷物は全部あるか、日本円への両替は必要か、携帯電話のレンタルは必要か、ということをマネージャーに確認。両替は空港で済ませておいた方が、あとで楽。そこは基本的にチームにお任せだけど、Pepeは“空港で両替しておいた方が絶対に楽ですぜ!”となんとなく促すようにしている。携帯電話は自国から持ってきている場合もある。

空港での確認事項がすべて終わったら、大型バスの待つ駐車場へ移動。

荷物をバスまで運び、積み込み、さぁ出発。

チームが空港に到着してから、静岡へ向けてバスが出発するまでおおよそ30分~40分。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2012-04-13 22:30

言葉の切り替え

成田のホテルに居ます。

アルゼンチン遠征が終わったと思えば、バルセロナキッズキャンプ。

続いて、ここ最近お世話になっているSBSカップ。

大会は日曜日に終わったけど、もう少しだけU18メキシコ代表に帯同します。

アルゼンチン語、スペイン語、メキシコ語・・・とまではいかないと思うけど、やっぱりどれも同じ言葉ではない。

使う単語だったり、話し方だったり、まぁいろいろあるけど国も異なれば人の性格も異なるのだ。

国のなかでも方言があったりするから、一概に"この国だからこうだ!"とは言えない。

仕事の内容もそれぞれ異なる。

お互いを知っている方だったり、初めて会う方。

グランドでスパイクを履くのか、スタジアムでスーツを着るのか。

いろいろな通訳があるけど、一つの仕事でそういうのがごちゃまぜになったりすることもある。

"はい、通訳お願いします"

と言われても、正直なところ困ってしまうこともある。

"言葉の切り替え"っていうのかな。

まぁ普段の生活でもおんなじだろうね。

サッカーしている時と、社長と話す時では、選ぶ言葉も変わる。

サッカーだって、例えばちびっこと一緒の時と、普段一緒にいる仲間とボールを蹴る時とでは、自然と話し方も変わる。

そういう"言葉の切り替え"っていうのかな。

通訳する時の環境の変化に、瞬時に対応できないこともしばしば起こる。

そういうときは自分にイライラしする。

まだまだ、いや、まだまだまだなんだよね。

いや、もしかしたら、まだまだまだまだかも。

そうやって人は成長していくのかもしれないけど。

いろいろ考えてしまいます。

とはいえ、自分だけが吸収できるものは、自分にしか消費できないのだ。

たぶんね。

もう少し前に進もう。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2011-08-23 02:29

年の瀬だね

e0147072_2248448.jpg
夏にU19スペイン代表が来た際のPepeの落書き。
予定、手配、連絡、確認、変更、荷物、予約、とかとか。

e0147072_22515082.jpg
"浅間神社へ行った"ということはわかるね。

e0147072_22545123.jpg
紺色のシャツを着ているのが寝るときとシャワーを浴びるとき以外はずーっと一緒にいたSilvia。素敵な女性だった。両サイドはエキップの二人。左がPedroで右がGuillermo。最終日の夜??出発前の朝??は四人で飲みに出掛けた。

e0147072_2311887.jpg
仕事をしているようには見える。


掃除は進まない。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-12-08 23:02

興奮2

Nadalが優勝。
テレビで決勝を観ていたのだけど、おもしろかった。相手のMonfilsというフランスの選手も良い選手だった。Pepeは一回戦を観に行ったのだけど、テニスを観戦するうえで不明な点がいくつかあった。まずはどこの席で観るのが良いのかがわからない。そこで学生時代にテニスをやっていた姉に聞こうとしたが電話に出ず。仕方なくこれまた半世紀前にテニスをしていた父に聞くと、“どこでもいいんじゃない?”とか言いながらも審判席の後ろが良いらしいとミニアドバイスをくれた。結局そのあたりをチョイス。

e0147072_1733359.jpg
そしていざ、有明コロシアムへ。静かに観なきゃいけないみたいなことは聞いたことあったけど、その辺りもよくわからないので近くにいたマダムに声を掛けてみた。

ちょいと…テニスは良く観るんですか?

“そうねぇ”という明るい反応が返ってきた。いい感触。ナイス人選!! 初めて観に来たということや、お目当てはNadalだということを話しながら、なぜ静かに観るのかを聞いてみると丁寧に教えてくださった。なにやら、サーブの時に声を掛けてしまうと選手は集中出来なくなってしまうからということらしい。なるほど。“選手と一緒になって観るものおもしろいわよ”と。集中しながら観るもんなんだな、テニスってのは。デートにはもってこいじゃない。それなら野球が良いよ。楽しみの種類が異なる。けどどちらも楽しい。

サッカーだったらワイワイ騒ぎながら観られるんですけどね

そうねぇ 私サッカーも観るのよ

いろんな人がいるもんだよ。“なんで岡ちゃんは香川くんを使わなかったのかしらねぇ”なんて言ってた。“今すごく調子が良いじゃない??”って。スーパーマダム、うっふん。Nadalに関するミニ情報も教えていただき、初観戦はGoodでした。

そーいや携帯電話を新しくしたのだけど、勝手に電源がOFFになるというかなりのひねくれ者。再起動するもONになるかならないかはあんたのきまぐれ。
SDカードも読み込まない!!!

e0147072_17432198.jpg
指宿選手。SBSCUPにて。かなりでかーい!!! 戦いを前にしたユニホームを着た表情からは少し怖さも感じたけど、試合が終わって通路で見掛けた時はめちゃくちゃ明るく、素敵な方でした。応援してます!!

U19も日韓戦だよ。


"preparando las cosas" Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-10-11 18:01

me están...

SBSCUPでスペイン代表とガーナ代表が来日。Pepeは昨年のメキシコ代表に続き今年はスペイン代表に帯同。こうした素晴らしい機会を与えてくれる方々に感謝。

来日メンバーは27人でそのうち選手は18人。正直Pepeはほとんどの選手を知らなかったけど、ファンの方々に話を聞くと未来のスペイン、そして世界を担うトップクラスの選手ばかりだということだった。ホテルにも多くの方が訪れていたよ。

e0147072_0464537.jpg
昨年のメキシコ代表の時には“めちゃくちゃ大変だったなぁ”なんて思ってたけど、今年もやっぱりめちゃくちゃ大変だった。スタッフと共に時間を過ごすことがほとんどであまり選手と話す時間はなかったけど、色々と勉強になった。世界トップクラスの代表チームのスタッフとはなんたるか?みたいなものを肌で感じ、自分は特別何をしたってわけじゃないけど貴重な経験が出来た。何もかもが初めてだった昨年の大会とは違い大きな不安はなかったけれど、やはり毎日が忙しく、7日間はあっという間に過ぎて行った。チームマネージャーが女性だったのだけど、彼女と交した会話時間は自分の親との一年間でのそれをはるかに超えてたはずだよ。ってのはもちろん冗談だけど、朝から夜まで予定を確認、変更、取材の申請、食事のリクエストなどなどずっと話してたわ。会話の9割近くは彼女がしゃべっていたんだけどね。

選手の対応はというと、ボランティアの学生さんらが素晴らし過ぎるくらいに働いてくれたのでほぼ任せっきり。Pepeが彼らに指示を出すまでもなかったな。とか言ってるけどマネージャーのシルビアとの時間がほとんどで“そこまで見きれなかった”というのが正直なところ。ただ、ボランティアの学生さんは選手たちの心をつかんだようで忙しくも楽しい時間を過ごせたんじゃないかと思う。朝早くから夜遅くまで本当によく動いてくれた。ホリくん、タニくん、まなみちゃんありがとう!!

試合は日本代表が3連勝で優勝。
スペイン代表は2勝1敗で2位、ガーナ代表が1勝2敗、静岡選抜が3敗という結果。

チームは昨日の昼の飛行機で帰国しました。

ちゃんちゃん♪

Pepeは空港まで送りそのまま静岡へ戻り、ゴールデンサッカーアカデミーに合流。昨日はゆっくり休んで良いとのことだったけど、ホテルで過ごすのもなんだか寂しいし藤枝でのトレーニングを見学。SBSCUPの間に通訳を務めてくれたアキともお別れだったし、練習前に少しだけ一緒にボールを蹴った。なんてったってパスは“会話”だよ。ただ、ジーパンでサッカーやるもんじゃない。昨日はU14女子のトレーニングだったのだけど、お姉ちゃんの練習についてきた小学2年生の男の子とも“会話”したよ。

めちゃくちゃ楽しかったぜ!!

ただ、ジーパンでやるもんじゃないぜ!!

正直疲れてた。練習みながらウトウトしちゃったしさ。

だけどホテルに戻ってからバブ入浴で復活。今日はきちんとトレーニング出来た。

もうちょっと。


"papa osito" Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-08-27 00:51

心中人合

Terminé el trabajo de verano como intérprete. No creo que hable
bien español pero me ofrecieron este trabajo y creo que cumprí mi
responsabilidad; escuchar, entender, y transmitir lo que dice el
técnico argentino. El técnico argentino que vino a Japón y dio su
gran experiencia a los jugadores y los técnicos de Shizuoka se
llama Micó Miguel Ángel. Tiene 63 años igual que mi padre o sea lo
llamaba “papi” de vez en cuando. Para mí fue gran orgullo haber
estado con él este verano. No conocía bien el fútbol argentino ni
conocía quíen era él (perdóname papi...) pero ahora ya conozco
quíen es y cómo es este supertécnico. Como estuve dos meses
con Miguel se me hizo hablar español de Argentino. Por ejemplo,
la palabra “vos” que no se dice en España. Aprendí unas palabras
argentinas por haber trabajado con Miguel; pecheras(petos),
arquero(portero), cancha(campo), pileta(piscina), semillas(pipas),
hongo(seta), etc. Es posible que no lo supiese sólo yo pero gracias
a él aprendí estas palabras que no había podido aprender en
España.

e0147072_4105410.jpg
スタッフと一緒に床屋へ行きました。

e0147072_4132195.jpg
GKコーチのピニャさん。自ら日本語を学んでいました。それにしても上手。

Voy a hablar lo de trabajo. Habia dos intérpretes para Miguel uno
era yo y el otro era ex-jugador del Estudiantes de la plata que se
llama Aki. Cada dos semanas Aki y yo cambiamos el papel mientras
Aki estaba con Miguel en Shizuoka yo estaba en Tokio haciendo
redacción de encuestas de las prácticas y preparación de SBSCUP.
Cómo era el trabajo de Shizuoka Golden Soccer Academy 2009.
Tenía dos papeles princiapales; el primero es trabajar en la cancha,
y el segundo es la conferencia en la sala. Trabajar en la cancha es
traduciendo lo que dice Miguel con botas y a veces me tocó
mostrar los ejercicios y jugar unas pachangas con chiquitos.
Al terminarse cada práctica los participantes preguntaron a Miguel
y yo lo traducía. Bueno, a mí trabajo en la cancha no me costaba
mucho. Pero conferencia sí me costaba. En la sala estaba tranquila
y tenía que transmitir con cautela(no sé si lo expreso bien con la
palabra “cautela”...) quiero decir que necesitaba otra
concentración que la de en la cancha. Lo decía Miguel también
trabajar en la cancha y trabajar en la sala no es lo mismo,
totalmente la otra cosa. A pesar de haber reunido bien antes del
día de conferencia, a veces perdí concentración. Fue difícil para mí
pero comprendo que no puedes hacerlo bien en el primer día que
lo empieces porque nadie es supermán. Todas las cosas que me
pasaron estes dos meses son bonísimas experiencias. Con esta
experiencia me pondré a avanzar mi carrera nueva como
intérprete “si puedo” jaja.

e0147072_4171450.jpg
オフの日に買い物しました。あくびをしているパヴェルさん。奥に写っている選手がPepeの名前を叫んでいます。“こっちだよ!!はやく来い!!”と。

e0147072_4225380.jpg
ホテルでトルシエさんにお会いしました。“初めまして ナカタヒデトシです”と挨拶してみたら笑っていました。

La última semana de agosto se celebró el torneo internacional de
juveniles(U18) en Shizuoka que se llama SBSCUP y jugaron la
selección francesa, la mexicana, la japonesa y, la de Shizuoka.
Acompañé la mexicana del día que llegó al aeropuerto al día de
regreso a México. No me imaginaba que trabajase con equipo
superbueno como la selección mexicana y la verdad es que estaba
preocupado por poder hacerlo bien. Pero creo que pudí empezar a
trabajar bien nada más llegar la delegación a Narita. Sin embargo, me pasaron unos problemas difíciles y se me cruzaron los cables.
Menos mal que solucionamos los preblemas que teníamos que
solucionar a pesar de que no fuera sencillo. Y los días que pasé
con los mexicanos fueron maravillos. Quiero agradecer a las
personas que me dieron sus manos durante el torneo.

e0147072_4244834.jpg
あくびをしていたパヴェルさんによって適当に書かれた漢字。読めなくない。

Me gustaría seguir a tener trabajo como lo de este verano pero
sé que no es fácil. Porque tengo que mejorar mucho el nivel de
español(escribir, escuchar, hablar, leer) y no sólamente la parte
de español sino la manera de traducir, elegir palabras, y transmitir
bien lo que dice hablante para que la gente que está ahí entienda
bien. También tengo que saber sobre mi país; historia, geografía,
costumbre, comida... y cualquier cosa sobre Japón. Iré sabiendolo.
Lo que me pasa es que el 30 de agosto me presenté el examen
de la guía turística. Espero aprobar pero si no probablemente
intentaré otra vez hasta que aprueba el examen.
La vida continuará.

e0147072_4273482.jpg


No hay atajo sin trabajo
Ante la duda la más tetuda
Mientras hay vida hay esperanza
Ande yo caliente y ríase la gente
Si te sales de Guatemala no te vayas a Guatepeor


"a las cinco y media salgo de mi casa..."Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-09-22 04:37

SBS4

もうちょっとだけ続くんです。

8月25日 エコパスタジアム
U18メキシコ代表 - U18静岡選抜

e0147072_2551971.jpg
スタジアム到着 第一試合「日本-フランス」を見ています

e0147072_2555617.jpg
PK戦で日本がフランスに勝利

e0147072_2562778.jpg
監督のフアン・カルロス(左)とコーチのポトロさん(右)

e0147072_2565251.jpg
メンバーチェック

e0147072_2572154.jpg
ちびっこと入場 写真撮影

そいじゃまた次回。


"sueño, sueño, y sueñoooo" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-09-05 03:07

SBS3

9月になりました。
写真を載せましょう。

8月23日 藤枝総合運動公園サッカー場
U18メキシコ代表 - U18日本代表

e0147072_14391816.jpg


e0147072_14401684.jpg


e0147072_14421968.jpg


e0147072_1443012.jpg


e0147072_14433616.jpg


e0147072_1444443.jpg


e0147072_14453249.jpg


e0147072_1452564.jpg


e0147072_14522425.jpg

日本代表は良いチームでした。

ベンチでの動きに戸惑ったPepe…。


"continuará" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-09-02 14:59

SBS2

引き続き写真を載せましょう。

e0147072_1421106.jpg


e0147072_14213643.jpg


e0147072_14215399.jpg


e0147072_14221593.jpg


e0147072_14223258.jpg

8月22日。草薙陸上競技場。

メキシコ - フランス。


"amor a la mexicana" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-08-28 14:24


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧