ブログトップ

タグ:Dancing Lion ( 20 ) タグの人気記事

タロウ

ややタイムリーで、かなりハッピーな話。

太郎がスペインのフットサル1部リーグに所属するReale Cartagenaと契約。

こりゃうれしい。

涙は出なかったけど、うれしい。

契約に関して綴った本人のブログを読んだ。

e0147072_120874.jpg

Pepeの興奮をよそに、文面から伝わってきたのは太郎の冷静な様子だ。

契約会見にもスペイン語で臨み、挨拶と抱負を述べていた。

新しい舞台に立ち色々と吸収するものがあるだろうけど、太郎の人間力を持ってすればどこの環境でも戦えるはずだ。

怪我には気をつけて飛躍を期待したい。

がんばれ~♪


Pepe
[PR]
by albondiga | 2012-01-26 01:24

ニチダイデイズ

日大と練習試合。久しぶりに稲城に現れたPepeを待っていたのは土グランドだった。人工芝があるんだから、そこでやればいいのにと思いもしたが、自分が在籍していたころは毎日土のグランドでトレーニングしていたので、ちょびっと嬉しかったりもした。そして駐車場には建設中のアメフト部の寮。なんだかいろいろと風景が変わっていた通称"稲G"。当時のコーチや、コーチをやっている一つ下の後輩は不在だったが、懐かしいグランドで久しぶりにボールを蹴ることができた。

10月8、9、10日の三連休。

土曜日は同期である俊介の結婚式。

日曜日は大学時代のゼミ仲間とフットサル大会。

そして月曜日は古巣との対決。

「日大デイズ」の三日間といったところだ。

俊介の結婚式は良かった!
Pepeは二次会の幹事も担当したのだけど、正直いろいろと面倒くさかったよね。だけど面倒くさいことをきちんとやれたから、面倒なことにはならなかった。俊介からも"ラフな感じで楽しくやりたい"という声があったので、新婦側の幹事を務めた美女たちと適当にテキトーな具合で準備も進められたし、まぁ良かったんじゃないかな。当日の司会も担ったのだけど、披露宴でのアルコール大量摂取のせいか定かではないけど、喋りの最中に噛むこと多数。日本語が出てこないこともしばしば。同じ人前とはいえ、通訳する方がだいぶ楽だぜ。しかし、大切な友人のために何かをやれることは素敵なことだと思った。同期の戦友にも会えたし、当時のコーチにもお会いすることが出来た。俊介また結婚しないかなぁ。

e0147072_2318128.jpg

主役は写っていないよ!


翌日は大学時代のゼミ仲間が主催するフットサル大会へ!
三時間くらい遅刻したので怒られたが、かっちょいいシュートを何本か決めたら誉められた。要は点を決めれば良いのだ。結果は準優勝だったけど楽しい時間だったね。しかし遅刻はいけない。信頼をなくすよ!結婚式のあと翌朝32時に帰宅したとはいえ、もう少し早く大宮のイオンへ到着出来たはずだ。気をつけるよ!

Pepeが通っていたキャンパスは藤沢にあって、そこからグランドのある稲城へ毎日通っていた。そのため学校の仲間と遊んだりっていうことはほとんどなかったんだけど、三年次から始まったゼミ活動だけは好きだったからきちんと参加していた。それから学校の仲間とも少しづつ仲良くなって、今でもときどき飲みに行ったりはしてる。うれしいよね。変な話、大学にサッカーしに行っていたようなもんで、だけどサッカーをしていたおかげで本当にいろいろなところで仲間が出来た。この日も同じチームに、亜細亜大でサッカーをしていたという方がいて、話してみるとなんと同い年だった。関東リーグのこととか、共通の話題もたくさんあって楽しくボールが蹴れた。また一緒に蹴ろう!やっぱり球を蹴っている人たちって本当に数えきれないくらいたくさんいるよね。当たり前だけどさ、本当にボールの力は大きいよ。そんな仲間たちとの繋がりも自分にとっては本当に大切なもの。これからもよろしく!

そして最後は稲G。日大デイズの最終日だ!
開始1分のPepeのスーパーゴールに始まり、終了直前のPepeのミラクルシュートで終わった。一点目は良かったね。リーグ最終戦の六浦戦と、先週の日体大との練習試合でも同じような流れでシュートを打ったけどどちらも外れた。パスをくれたシレンにしろシュートを決めたPepeにしろ、三度目の正直といったところだろうね。ありゃナイッシューだよ。もう一生決まらないだろうね。とはいえ、常に狙っておこう。

二点目は事故。センタリングが入ってしまった。きれに左足で巻いて蹴ろうとしたら、稲城の土でまんまどダフッてあれよあれよと無回転になってサイドネットに入った。恥ずかしいよね、ああいうのは。とはいえ、大学の先輩としての面目は保てたぜ。引き続き日大の応援にも行くよ!がんばれ日大健児!

e0147072_2320366.jpg

スパイクの紐を結ぶアキさん テーピングを巻くたけちゃん ちんこをいじるワカ 試合前の準備だ!


久しぶりに球蹴り以外のことを書けるかなぁと思ったけど、なかなかそうはいかないね。

やっぱりやめられない。

そろそろ次の種を蒔こう。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2011-10-11 23:25

Dancing Lion

e0147072_17401062.jpg
大学のサッカー部のOB会へ出席してきた。「櫻蹴会」という名前のOB会でPepeとしては非常に素晴らしい名前だと思うのだが、正直なところ学生時代には「オウシュウカイ」でしかなかった「櫻蹴会」。

OBと言ってもPepeは下の下のさらに下の方の人間なので数多く出席された偉大な先輩方を前に少し緊張したのは言うまでもない。Pepeがプレーしていた当時の監督、コーチなどにもお会いすることが出来、"一応貧乏ながらもサッカーの世界で仕事をしております"とご挨拶した。

"なんとか生きてます だから仕事を下さい"

なんてことは決して口に出来ないし、もちろんしなかった。道を拓くのは自らの自信と勇気なのだ。とたしかなんかの漫画で読んだ。「ROOKIES」だったかな?? まずは自分自身が納得できる自分の武器を手にすること、そして増やすことだと思う。武器を手にしてもその使い方、使う場所がわからなければなんの意味も持たないから、実際に練習することも大切かもね。"自分のモノになったかな"と思えば初めてそこで"自分にはこういう武器があって使い方も使う場所も知っています"という話が出来るのだと思う。まずは"出番が回ってくるまで準備をしっかりしろよ"ということだ。出番なんか回ってくるかわからないけど、人生は何が起こるかわからないから準備だけは決して怠っちゃいけない。

監督にもコーチにもおそらく卒業以来か誰かの結婚式以来にお会いし、もしかしたら"こんなやついたっけ??"だったかもしれないけど、そんなことはどうでもいい。こちらが感謝しているのだ。ありがたやありがたや。ナンマンダブツナンマンダブツ・・・これは違うな!!まだまだ元気にがんばっていただいていつか恩返ししなければならない。次お会いする時にはもう少し使える武器を増やしておけたら良いと思う。

e0147072_1741213.jpg
学年が重なっていた先輩そして後輩とも再会。

美味しい食事と美味しいお酒もいただいた。

自分にとって有益なお話も聞くことが出来た。

しめて壱万円だったのだが、「CERULEAN TOWER TOKYU HOTEL」を出た時にはおそらく壱万四千円くらいの価値になっていたと思う。そこはもちろん自分の勝手な価値判断であって、それが八千円だった人もいれば弐万円だった人もいるだろうね。

まぁなんでもいいんだよ。

なんとしても60000円の罰金を取り戻さないといけない。

そのためにはもっともっと感覚を研ぎ澄ませて

楽しむときは楽しむ

学ぶときは学ぶ

働くときは働く

自分にとって何が必要なのかを考えながら

自分の目で見て

自分の耳で聞いて

自分の足で歩くことを続けていきたいなぁとたまに思う♪


Pepe
[PR]
by albondiga | 2011-01-19 17:42

なんなんだろう

ファイナリストになった。とある大会の準決勝を4-0で勝利し26日の決勝戦へ進出が決まった。これがCHAMPIONS LEAGUEだったら大盛り上がりなわけだ。もちろん??今のところは欧州に限られた話ではあるよね。もっともっとアジアのサッカーも盛り上げなきゃな。がんばろうっと!!

5年半ぶりにアミノバイタルのピッチに立ったのだけど、ちょっと芝が引っかかってやりづらかったな。シュートは全部入らなかったし。一試合であれだけシュートチャンスがあって全て外すなんて経験は20年以上ボールを蹴っているけど初めてだよ。初めてだったけどこれが最後であることを祈るよ。じゃないな。"最後であるようにもっともっときちんとやる"だな。がんばろうっと!!

試合自体はかなりイライラした。左側の「Pepeもつぶやく」にも試合終了後につぶやいたけど、"あんたらはなんの為にサッカーしてるんだよ!?"ということをずーっと考えながらイライラしながら悲しみながらプレーしてた。

ドリブルしてて
一人かわして
二人かわして
囲まれて
ファールしてきた
笛が鳴ってマイボール

相手はなんて言ったと思う??

OK OK
ファールで良いよ
削って良いよ

悲しい人たちだよ・・・

またドリブルして
縦へ突破
後ろから引っかけられる
笛が鳴ってマイボール

相手はなんて言ったと思う??

は!?
何もしてないじゃん

そこは指摘した

おい!!
本当に何もしてねーのかよ!?

相手は困った顔をしていて何も言えずにいたのでそこは"やれやれ"の意味を込めてピッチに座ったままこちらから手を差し出した。"YESかNOすら答えられないんだったら手を差し出してやるから早く起こせよ"まぁそんな具合で相手にちょびっとだけ心を開いてあげたわけだ。オレだってバカじゃない。言い合えるやつとそうでないやつの判別くらいは出来る。

なんでこんな相手と試合しなきゃいけないんだ??

まだまだだなこの国のサッカーは

これからどうすれば良い方向に向かうのか

そんなことを70分の試合の中で考えながら球を蹴り続け、走り続けては…いないな。あんま走らなかった。点も取れなかった。まぁチームの勝利が一番だからいいでしょ??

ただね。本当に悲しかった。規模はどうあれ大会の準決勝。それに見合う相手ではなかった。残念でなりませぬ。なんで最後を"ぬ"にしたのかはわからないぜよ。なんで最後を"ぜよ"にしたのかもわからないナリ。なんで最後を"ナリ"にしたのかはこないだカラオケで「すいみん不足」を歌ったから。

試合中の話に戻るよ。

縦に突破して掛けられてファール。相手に警告。黄色い札だよ。
そこでのPepeの一言だよね。もっと違う言い方があったことにさっき気づいた。

おい!!
本当に何もしてねーのかよ!?

じゃなくて

おい!!
お前はいけないことをしたからオレを止められたんだぞ!?
何もしてねーってことはねーだろ!?

"それくらいのことが言えなきゃなぁ"と風呂に浸かりながら思ったよ。悲しい。

もういいや。

試合の話はおわり。

Dancing Lionの忘年会を今年も開催!!

同期が13人いて今年は7人が集まった!!

楽しかった!!

e0147072_23523948.jpg
嫌なことがあってもそこから何か一つだけでも良いことを見つけ出せば笑顔でいられるような気がするから、たとえそれがノミの心臓よりも小さかったとしてもゼロではないから前向きに進もうかな。

とあとでtwitterでつぶやこうかな。

明日は八ヶ岳!!


Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-12-20 23:57

東京ドロンパ

リーグ降格ってのは気持ち良いことではない。
Pepeもリーグ戦での降格を三度経験したことがある。

e0147072_22302927.jpg
昨日は
運転中に
ラジオを聴いて
Tシャツを着て
金子達仁さんの声を聞いて
ハラハラした
試合終了時刻1722

さて。
一度目は大学2年の時。シーズンの半分くらいの試合には出場していたものの、あの頃はまだ自分のことで精一杯の状態で、チーム全体のことまで頭がまわらなかった。最終戦で降格が決まったのだけど涙は出なかったな。けど同期のやつと二人で"来年昇格してまたこの舞台で戦おう"とよく話していたのを覚えてる。

二度目は大学4年の時。一年で昇格を決めて臨んだ最後のシーズン。この年も半分くらいの試合には出たかな??主力という感じではなかった。けど久しぶりに出場した試合でチームは負けて降格が決定。残り3試合は消化試合になってしまった。この時は試合中から涙が出てたのを覚えている。途中交代で出場したのだけど、実は"負けたら降格"ってことを知らなかったんだよね。周りの選手が知っていたかどうかはわからないけど、とにかくPepeはそういうチームの危機的状況を知らずにピッチに立ったわけだ。自分としては最高のコンディション。怪我をしていて2ヶ月ほど全体練習はせずにいたのだけど、うまくリハビリが出来ていたので"やれるぞ!!"という自信はあった。実際に走れたし、良い球も蹴れたし、体もキレていた。涙の理由はというとね、自分で"最高のボール"と思って蹴ったCKを仲間が"最高のタイミング"でシュートして、それがポストに当たって、こぼれ球もGKにはじかれて、さらにのこぼれ球も今度はクロスバーに当たって、そんでもって入らなかった。実際に「ポスト~GK~クロスバー」だったかどうかってのはもう忘れてしまったのだけど、それくらいペナルティエリアがぐちゃぐちゃしてたのは事実。

何が言いたいのかというと、いくら自分が最高のコンディションで最高のパフォーマンスをしたとしてもそれがゴールに繋がるかと言うと、そうじゃないということ。当たり前なんだよ、そんなの。

だけど22歳のPepeはそこまで冷静に考えられなかった。"怪我をして、リハビリをして、それがうまくいって、最高のコンディションで、気持ちも高くて、試合に出て、素晴らしいボールをパスして、仲間のシュートも最高だったのに、どうして入らないの????????" 相手も確かに強かったけど、ゴールが決まらなかった理由はそこではないと強く思う。じゃあ理由はなんなんだろう。今なら"サッカーってそういうもんだよ"って素直に思えるけど、当時はそういう考えをまだ持っていなかった。いろんな考えや感情が一気に頭の中をめぐってきて、そしたら自然と涙が出てきてしまった。たぶんそんな感じ。

e0147072_22335077.jpg
としまえんでフットサル
青いジャージはどこかで見たことがある
黒いベンチコートもどこかで見たことがある
おしゃれヘアもどこかで見たことがある
うしろの方でぼやけているのはとしまえんギャル

さて。
三度目はスペインで経験した。
一度目、二度目と結構長く書いて疲れたので詳細はナシ!!

まぁドンマイ!!

降格したからって命を奪われるわけじゃない!!

"負けたことがある

それがいつか糧になる"

みたいなことをスラムダンクのライバルチームの監督が言っていたはず!!

あまり読んだことがないので詳細はナシ!!

けど!!

なぜか最終巻だけ部屋にある!!

そして!!

1ページ目に上履きで踏んだ跡がある!!

何事も経験だよ♪

前向きに行こうよ♪

けど一言だけ言わせて!!

8月のスルガバンクカップで優勝した時のFC東京は強かった!!

カッコ良かった!!


Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-12-05 22:38

中田ヒデも韮崎だよ

e0147072_21123056.jpg
少しずついちょうの並木道も色づいて来ています。運転中です。携帯電話はいじらないように。でも赤信号です。別にいいじゃん。

e0147072_21143950.jpg
モンテフジ。スペイン語だとそう言います。途中のパーキングで撮影。

e0147072_21153832.jpg
大学時代の先輩。アナウンサーをしておられる。卒業以来、初めてお会いしたが元気そうだった。

e0147072_2117215.jpg
試合。取材。仕事。応援。遊び。捉え方はいろいろ。まぁなんでもいい。

e0147072_21175989.jpg
これまたモンテフジ。夕方もきれいだ。

山梨県の韮崎市まで行ってきました。往復7時間半。移動の車中、一人でカラオケしながら行くも帰り道では疲れ果てていました。舌打ちしながらグダグダ言いながら帰りました。

二つ上の先輩
四つ上の先輩
Pepeいち押しの未来のスター
あだ名が"タモリ"の恩師
元日本代表でブンデスリーガでも活躍したスーパースター
左利きのアナウンサー先輩
友人のお父さん
大大大恩師
隣で観ていたサングラスおっちゃん

いろんな人にご挨拶
握手
みんな力強い
気持ち良い


そいじゃ!!


Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-11-08 21:31

三連複にはならずも

e0147072_2265559.jpg
母校の応援へ。

e0147072_2274451.jpg
2-0で勝利!! 戦いはまだまだ続くようなので引き続き応援しよう!! いつになっても母校は母校!! Dancing Lion!!

e0147072_2292368.jpg
試合終了と同時にダッシュ四駆郎で日本サッカーの聖地へ。

e0147072_2210137.jpg
決勝戦。超満員。快晴。絶好のコンディション。入口ゲートでチップスターとオレオを配布され高かったテンションがさらに上がったぜぃ!! つまみを買う手間が省け、財布も喜んでいた。ひとまず乾杯!!

e0147072_22432564.jpg
前半はちらほら見て、早々とマッチデーグッズを買いに出動。半周したけど見つからず。お姉ちゃんに聞いてみたところ全て売り切れだった。ダッシュ四駆郎でも間に合わなかったか。まぁしかたない。そんでもって前半の2ゴールは見られず。まぁしかたない。

e0147072_22162515.jpg
後半。席を移動。大学の先輩を遠くに発見し、挨拶しに行ったところ“おぅ!!久しぶり!!そこ空いてるよ~”と。すると3段下には夏の仕事でお世話になった静岡県サッカー協会の方が奥様といらしていた。90分の戦いが終わったと同時にご挨拶。驚いていた。Pepeは“素敵な報告書が届きました”と感謝。仲の良いおしゃれな夫婦ですよ。

e0147072_22214713.jpg
磐田が優勝。終了直前のまえだまえだのゴールにはしびれた。ただそのあとね、ロスタイムに広島のゴール前でFKがあったの。磐田ボール。その時にさ、李忠成がセンターサークル付近で芝を叩くんだよ。めちゃくちゃ悔しそうに。何度も何度も。この戦いに賭ける彼のとてつもない想いが伝わってきた。というか胸が熱くなった。良い選手。まだまだ成長するよ。がんばれ!!

e0147072_2226873.jpg
磐田おめでとう!!帽子のお姉さんカワイイ!!

e0147072_22272722.jpg
5-3。スリーランで逆転。冗談はさておき、本当に熱くなった。

一言で言うなら

胸にジーンと来たよ!!(2002年W杯の小泉元首相)

母校
ナビスコ
と来て三連複のしめくくりは17時から府中だったのだけど行けず。
たろうすまん
タロウスマン

まぁさ
やっぱり自分の目で見なきゃ!!
そして感じなきゃ!!


"gran pasión" Pepe
[PR]
by albondiga | 2010-11-05 22:34

コレガ

e0147072_021504.jpg

GoogleShunsuke

いろいろ調べてます。

忘年会の計画をネリネリ。

ギリギリになりそうだけど、なんとかなりそう。

モヤリ話なんかしてるからか??

俊介のノートに落書きしてるからか??

楽しいけどね。

なんとかしよう!!


"para toda la familia" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-12-08 00:21

小さなこと

e0147072_20361161.jpg

先週のことなんだけど。

大学の後輩と昼ごはんを食った。

学生時代は特別に仲が良かったってわけじゃないけど、今は近くに住んでるってこともあってね。

結婚して子どももいる。

色々と苦労しているようだ。

悩みや迷いもあるようだった。

"えぐさん!貯金しておいた方が良いですよ!!"

なんていきなりアドバイスを受け、素直に"ハイ"と答えてしまった。

同じ日に小学校の選抜チームで一緒だった友人にも偶然に遭遇した。

大学時代はよく練習試合で顔を合わせていて、今はJFLでサッカーしてる。

"みんなで集まってサッカーしてーなぁ"

なんて言ってた。

Pepeもそう思った。

"みんなどうしてんだろな"って。

なんかさ。
そういうちょっとした事で刺激を受けたり、パワーが出たりするんだよなぁ。

単純??

まぁいいや。

球を蹴り行こうかな。


"lejano oriental" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-12-07 20:36

イメージ

先週の土曜日にたろうのフットサルに参加してきた。“たろうのフットサル”と言ってみてもたぶん“なんじゃそりゃ??”って思う人がほとんだろうね。簡単に言えば、“みんなでフットサルしましょう”ってこと。でしょ??
うん、すごく簡単に言ったね。

緊張したよ。だって女の子がいたんだもん。女の子と球を蹴ることくらい緊張することはないっていうのはもちろん嘘だけど、苦手なんです…。体を当ててボールを奪うなんてことは出来ないし、まあいろいろある。
ところが…“やさしく やさしく”なんて思いながらプレーしていたら見事に股を抜かれました。

女性陣は想像していたよりもはるかにレベルが高く、正直なところその巧さには驚いた。

たろうと球を蹴ったのはPepeが大学を卒業して以来だったのだと、フットサルが終わった後の飲みの席で気づいた。4年ぶりくらいだった。どうだったかってのはどうでも良い。たろうの進んでいる道がね、それを証明しているっていうやつだよ。

たろうのチームメイトである星翔太さんという選手も参加されていた。
自分の性格が良いのか悪いのか、二人を“本気にさせたい”なんて欲望が徐々に芽生えてきて、最後の方は結構マジになってしまった。しかし、そこはやはりプロ選手。強い、そして巧い。相手になりませんでした。

感想を言うなら一言で。悔しかった!!

けどめちゃくちゃ楽しかった!! はい、二言だね。

3時間近くボールを蹴って、走った。
女の子効果でずっと緊張していたのは間違いないけど、本当に楽しかった。

久しぶりに味わった一対一の感覚。ボールを奪い合うなかで心拍数が気持ち良く上がっていった。ドキがムネムネ。必死なのに顔が笑っちゃうっていうのかな、ついていくのが精一杯だったのだけど、なんだかめちゃくちゃ楽しかった。だけど最後は見事にドリブルで抜かれて、ハイ失点という結果でした。悔しい。

でも。やられたけど楽しかった。そういう感覚って時々ある。

もっと味わいたいとも思った。自分の求めているものであることは確か。

誘ってくれたたろうに感謝。

フットサルについて話すと、Pepeの場合はどうしてもサッカーのイメージから入ってしまう。もちろんそれは今までずーっとサッカーをしてきたからであって、フットサルについてまだまだ知らないことが多過ぎるから。そしてサッカーとフットサルは「ボールを足で扱ってゴールを決める」という意味では同じだからだ。
これからいろいろとわかっていくのだと思う。

苦手じゃないんだよ実は。6歳で始めたサッカーだけど、実は中学に入るまで練習はずーっと体育館でやってたのね。当時はサロンフット、ミニサッカーなんて言われてた。ちょびっと勉強してみようかな、フットサル。ただ、単純なことじゃないよね。

色々なことに手を出すのは良いのか悪いのか。

手を出した結果、煮え切らないまま終わっちゃうのか。

それとも、煮え切らない中途半端な料理も案外美味しいのか。

ただ、やるなら中途半端はダメ。フットサルに対して失礼だ。

気になったこと、興味のあることにはとりあえず手を出すのが最近のPepeの常であるから、まあ、やってみようか。それぞれ分かれている道がどこかで繋がれば一番良いのだけど、そういう細かいところまではまだまだわからない。そして、犠牲にするものってきっとある。自分が勝手に想像している以上のものかもしれない。

まぁいいや。
とにかく久しぶりに味わった感覚が気持ちよかった、うれしかったということ。
“同じ絵を描く”という言葉も久しぶりに思い出した。

やっぱり球蹴りはこれに尽きるよ。


“no pierdas el tiempo” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-12-03 00:38


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧