ブログトップ

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラグビーから…

「サンデーモーニング」に出演していた浅井慎平という写真家のラグビーについてのコメントが面白かった。内容は日本選手権で早稲田がサントリーに敗れたことについて。大学生が社会人チームに勝つのは難しいようだ。Pepeはラグビーとは無縁だけど早稲田と言ったら大学ラグビー界ではおそらくスターの集まりなのだろう。ただ、社会人の壁にはいつも苦しんでいるという002.gif

・ラグビーって理解するのに時間が掛かるスポーツで、体が衰えてきたかなと感じた頃にようやくわかってくるもの

・やっぱり学生と社会人とでは差がある

・日本の場合はまさにそうで、なんとか学生のうちにラグビーを理解させることが出来ないものか

e0147072_13345510.jpg

はっきりとこの通りに話していたというわけじゃないけど、自分が覚えている範囲で書き留めておくね。 “理解するのに時間が掛かるスポーツ” なかなかうまいこと言うなと思う。コメントを勝手にサッカーに当てはめてみるけど、自分の場合もおそらくそうだと思う。サッカーを理解するのには時間が掛かった。 “掛かった”とか言ってるけど今だってサッカーを完全に理解したとは到底思っていないし、これからも100パーセント理解することはないと思う。と言うのも、どんなことでも100%ってのは、達成するものじゃなくて目指すものなんじゃないかと個人的には思っているから。ただ、サッカーに対する理解が日を追うごとに深まっているのは確かだ034.gif

Pepeの場合、学生時代は教わることが非常に多かったと思う。高校入学から大学卒業まで生活のほとんどをサッカーが占めていたし、自分がそうなることを望んでいたのだけど、その割にはあまりサッカーを理解しようとはしていなかったと思う。色々な人から教えられることは多かったし勉強にもなったけど、自分ではただボールを蹴っていただけのような気がする。
“いま思うと…” っていうやつなんだけど。

e0147072_13355097.jpg

まだ青かったんだと思う。そう、ただの小僧。 “試合に出たい 出られない” とかそういうことばっかり考えてた。今になって思えばそんなの悩むようなことじゃなかったと思うし、どうにでもなることだった。プロじゃないから試合に出られなくたって “ハイ 来年は要りません” なんてことはないしね。ただ、今になってそんなことを言ったって当時の自分からしたら、それはそれはでっかいことだったんだよ。

なんとなくだけど自分なりにサッカーを理解し始めたのは、大学四年の夏を過ぎた頃だと思う。一つのきっかけを元にして、少しずつ「Pepe流サッカー」が形成され始めていったのだよ。自分でもあの時は “もっと早く気がついていれば!!” な~んて思ったりもしたけどそんな時に引退、そして卒業ですよ。

ただ、戦術だったりトレーニング方法なんかの基本的な部分は、学生時代にしっかりと教わることが出来たんじゃないかと思う。アウトサイドでパスを出したら、 “パスの基本はインサイドだ!!” と怒鳴られたり、ロングボールを足でトラップしてミスした時には、監督が自分の手を胸に当てながら “パスは広い心で受け止めなさい” と半哲学的な013.gif??教えを受けたりもした。

高校時代は監督の顔を窺いながらプレーしてた部分もあった。窮屈な感じもしたけど、それも間違いなく一つのサッカーだった。

大学時代はマージナルマン。

スペインでは克己心。

e0147072_13433586.jpg

様々な環境、自らの立場、湧き出る感情、抑える感情、一緒にプレーする仲間などなどエトセトラ。そういう一つ一つの経験なんかをごちゃ混ぜにして「Pepe流サッカー」は形成されているのだと思う。日を重ねるごとに汚い色に変わっていくのはおそらく間違いないけど、まぁそれは当然のことであって、それが時間を掛けてサッカーを理解していくことなんじゃないかと思った。


“festina lente” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-02-24 13:55

ゲッツー…

ドラマ「ありふれた奇跡」に登場した単語「イタケダカ」。

なんだそりゃ007.gif??

e0147072_15183965.jpg

「居丈高」って書くみたいなんだけど、そんな言葉を知っている山田太一という脚本家はすげーぞ。以前から素晴らしい脚本家なのだろうけど、本当にすごいんだな。
イタケダカなんて言葉、Pepeは学校で習ってないぞ!!

放送中に辞書で調べたんだけど、ドラマが終わって風呂から出てきたら既に忘れていた。母と二人で “あれ何だったっけ??” という話になった。なかなか思い出せない。母は “キジョウタケじゃなかったかしら?” Pepeは “タケイケダとかそんなんじゃなかった?”

裏表紙がボロボロの辞書の中を行ったり来たり。再びイタケダカに出会うまでに15分くらい掛かった。キジョウタケとの勝負、軍配はおそらくタケイケダだ026.gif。物言いはナシ。

半日掛けて仕上げたスペイン語の資料というべきかノートというべきか、そいつがどこかへ消えてしまった。保存したと思ったら突然PCが何を思ったのかデータを異次元の世界へ連れて行ってしまい、ヤツはそのまま消息を絶ってしまった。

完全にアウトだね。ダブルプレーもいいところだよ。

まぁしょうがない。

e0147072_15194727.jpg

日韓W杯の一次リーグで中国がブラジルに4点ぶち込まれて負けたんだよ。試合後のニュースで中国での街頭インタビューが放送されたんだけど、そこで一人のおばちゃんが “0-5で負けなかったので良かったわ” なんて話をしていた。そりゃそうだ。絶望的な結果からも救いの種を見出す心のデカさ。心のデカさ?? ちげーか…。まぁポジティブシンキングの類だな。

またやり直すべ011.gif


“nadar o hundirse” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-02-20 15:28

まわる時代

父親の実家から夕食の誘いがあって両親と共に出掛けた。父方の祖父母はもう亡くなっているんだけど、そこには父の姉夫婦が住んでいるのだ。訪れたのは一年半ぶりくらい。小学生の頃はよく遊びに行っていた家で当時はチビだったせいもありとてつもなく広く感じたけれど、今では少し窮屈な雰囲気もあり、でも懐かしさの残るPepeの想い出の場所のひとつである。と、久々に遊びに行って感じたわけ。
e0147072_12441298.jpg

父の姉の旦那さんの料理はまさにプロ級034.gifで、昨日も朝早くから市場へ仕入れに行きめちゃくちゃうまい刺身をご馳走してくれた。ブリを一匹まるごと仕入れてきたというから驚いた。とにかくすげーんだな。他にもすーんごい料理が並び、どれも好きなだけ堪能させていただいた。こういう時こそ写真を撮っておくべきなんだな。これからは忘れないようにしよう。

父の姉夫婦とPepeの両親、それと姉夫婦の娘さんも来た。Pepeのいとこに当たる方だ。彼女とは十年以上会っていないのでPepeの変わりように驚いていた。 “坊主で野球していたイメージしかない!!” と言われた。Pepeは小学六年生までサッカーと並行して野球もやっていたのだ。その従姉には息子が二人いて、一人はもう高校生だとか…時代はまわるのだ。

親父は地域じゃそこそこやり手のようで、家ではそんなそぶりは見せないものの親戚から話を聞いたりすると、 “やっぱりそうなのか…” と時々感心することがある039.gif。はたから見ればただの還暦を過ぎたオッサンなのだけど、オッサンなりに輝ける環境というものがあって、Pepeの親父はそこで生きているというわけなのだろう。死んだPepeの祖父も地元では有名だったらしい。と父が言っていたのでおそらくその通りなのだろう。
e0147072_12402553.jpg

そんな話を聞くと “地域の力 個人の力” というPepeの考える「日本サッカー構築計画」に共通する部分がある。

突然現れた謎の計画のようにも取れるが、本人はだいぶ前からこの計画を成功させるべく動き出しているのである。 “地域の力 個人の力” 日本のサッカーを築いていく上で非常に大切なことだと思うのだな。国のサッカーを先頭に立って支えているのは協会であったり、代表チームであったり、世界で戦うビッグクラブ(日本の場合だとガンバとか鹿島?あとは浦和とか?)であるのは間違いないと思う。でもね、J1で戦うプロ選手から、J2、JFL、地域リーグ、都道府県リーグと…草サッカーまで含めて全ての人間がサッカー選手であるとPepeは考える。プレーしている本人がどう思っているかってのはここでは無視するよ048.gif

そこでだ。先に挙げた “国のサッカーを先頭に立って支えている” 人間ってのはどれくらい存在するのか? 調べたことがないので何とも言えないが、J1から草サッカーまで全ての人間がサッカー選手であるから、おそらくその数はごく僅かだろう。と勝手に想像している。
e0147072_1242421.jpg

じゃあオレは何なのか020.gif!?

まぁそう焦ることなかれ。先頭に立つことの出来る人間ってのは一人しかいない。ということは他の人間は先頭に立つことが出来ない。当たり前だ。

しかし先頭ではないにしろ、お前もサッカー選手の一人だ。サッカーに携わっていることに変わりはない。お前もサッカーを支えている人間の一人なんだ。本人がそれに気がついているかどうかってのはまたまた無視するよ048.gif。どうでもいいんだそんなの。結果としてそうなっているはずだから。小さな力の結集が大きな力になっている。と今までサッカーをして感じた。そういう考えを持っている人って日本中にめちゃくちゃいると思うし、さらに上を考えている人だっている。

つづきはまた来週。だんだん。


"nadie es más que nadie" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-02-14 12:56

ワウワウ放送

ワインを飲んでから大河ドラマを観た。家じゃほとんど飲まないけど、時には飲みたくなる。大河も今までほとんど観たことなかったけど、今は観ている。気分がいい感じになったと思ったらそのまま眠ってしまい、気がついたら23時20分。松井大輔の「情熱大陸」を見ようと思ってたのに最後の2分しか見られなかった。やっちまった…007.gif
e0147072_14245794.jpg

眠れないので久しぶりにスペインサッカーを観た。「Barcelona-Sporting de Gijón」。何が良かったってまずはこれだ!! ハイビジョン放送006.gif!! ハイビジョンとそうでない場合があるんだけど、やっぱりハイビジョンの方が断然良い。それともうひとつ。選手の入場前にスタンドの風景が映るんだけど、そこに映った日本人のファン。チケットを入れているのであろう青色パスケースのストラップに「日本」と書いてあった。それを必死にアピールする姿はこれまたナイスだ。

日本にいると “オレ日本人だな~” なんて思うことはPepeにはない。そう言うのにはやっぱり外で生活していた時にはそう思うことがあったからなんだけど、かといってそれがどうっていうわけでもない…。 “いつまでも日本人としての誇りを忘れないでおこう” なんてことは特に思わないし、そもそも日本人のとしての誇りとやらがなんなのかも人それぞれではあると思う。自分の場合はやっぱりサッカーだった。リーグを戦っていて、初めての場所なんかへ行くとちょっと違う目で見られることもあるし、時には何人なのか聞かれる。日本人だと答え、周りに知ってもらったのならそれに恥じないようプレーする。自分自身はサッカーしている時に周囲にどう見られても問題ないんだけど、自分のプレー次第で他でプレーする日本人がひっくるめられてしまうのは気に入らない。点を取って “bien japo!!” なら全く問題ないんだけど、一発レッドで “fuera chino!!” となってしまうと、スペインでサッカーしている全ての日本人に申し訳ない気分になる。考え過ぎだと言われればそれまでなんだけど、自分にとっての “誇り” とはこういうことなんだろうと思う。
e0147072_14263373.jpg

それにしてもプジョルは相変わらずパスセンスがない。ロングパス自体ほとんど出す場面がないからいいんだけど、 “どこ蹴ってんだ?” ってのが多い。まぁ選手にはそれぞれ役割があるし別にプジョルにロングフィードを求めてるわけじゃないと思うので問題はない。シャビがいつも下がって受けに来るし。しゃしゃるのは良くない。あくまで大切なのは「同じ絵を描く」こと034.gif。まぁプジョルの謎パスが目につくのも、チーム全体のミスがほとんどないし、目立たないからなんだろうよ。縦に入ったパスが相手ディフェンスにカットされてもセカンドボールを拾ってまたポゼッション。それの繰り返し。

ずーっとボールを持ち続けているものの先制点はカウンターからだった。二点目もカウンターからだったかな? まぁなんでも出来るのは羨ましい。おしゃれだ。
ベンチにいたボージャンはあくびをしていた019.gif

今シーズン1敗しかしてないバルサをどこが止めるのか!? Pepeは別に誰も止めなくていいんじゃねーかと思う。相手選手は必死に戦っているんだろうけどPepeはそう思う。特別にバルサが憎いわけでもないし、逆にマドリーにどうしても優勝して欲しいってわけでもない。スペインにいた時に “マドリー熱” に感染して、今でもどちらかといえば首都クラブ派ではあるけど、結局は試合が面白ければそれでいいんだ。

まぁ今シーズンの阪神がめちゃくちゃ強くて、巨人がそれを追いかける立場だったらそれこそ止めてもらわなきゃ困るけど…。


“como se entrena se juega” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-02-09 14:37

第1回 "今日はPepeの何の日??"

2007年2月3日は、Pepeが誕生した日。

場所はToro(トロ)というサラマンカの田舎町だ。

その日はリーグデビュー戦。

ベンチスタートだったPepeは残り時間5分、1-1の場面で投入された。

それまで二ヶ月くらい練習生として参加していたのでチームメイトやスタッフからは既に名前で呼ばれていたんだけど、試合を観に来た人たちはおそらくその日に初めてPepeを目にしたんだと思う。

Pepeが交代でピッチに入ると同時にスタンドから Vamoooos Pepeeeee!!の声が。

声の数は次第に増えていく。

試合はそのまま引き分けた。

シャワーを浴び、着替えてボカタ(サンドイッチの友達)を食べているときに、なぜPepeだったのか理由を聞いてみると…

"だってまだ名前知らないじゃん!!"

…その日以来しばらくチームメイトにもPepeと呼ばれる時期が続いたのだ011.gif

e0147072_21254482.jpg

というわけで。

今から二年前の今日、2007年2月3日は当ブログ筆者のPepeが誕生した日なのである。

チャンチャン006.gif


"dos añitos recién cumplidos" Ken
[PR]
by albondiga | 2009-02-03 22:01

テニスを…

そんなに観ないんだよ、テニス。けどスペインにいた時はスポーツチャンネルでけっこう観てた。他のチャンネルはだいたい何言ってるかわからんし、映画は半分まで進んだところで集中力切れて絶対眠くなるし。テニスが特別好きってわけじゃない。でも、いざ観てみるとなんとなく楽しんでいるようなんだよね、自分が。

全豪オープンの男子決勝を観たんだけどさ、Pepeはただ "うわっ!!" とか "すげぇ!!" を連発。
とにかくすげーんだなテニスってのは。

試合時間、4時間2?分だよ042.gif!!

まぁ細かいところはいいじゃん??

4時間も腕を振りっぱなしで、コートには自分と相手しかいなくて、特に誰と声を交わすこともなくさ。よく戦えるよなぁ!! まじですげーぞ!!

試合はラファエル・ナダルが勝ったのよ。んでその後の表彰式がまたちょっと涙を誘うのだ。まずは準優勝のロジャー・フェデラーが銀色の盾?を受け取る。と、そこにはマイクが準備されている。一言あるらしい。インタビューじゃなくて自分でスピーチする形式。

"Hey guys" とか言ってたんだよ、たしか。
と思ったら…次の瞬間…こう…なんか…涙が…ね…。

e0147072_0512211.jpg

何も言えなくなってしまったんだ。

そこで司会者が空気を察しひとまずフェデラーを後ろへ。ナダルを表彰した後でまた話してもらおうということにしたっぽい。 "フェデラーもラファも本当に素晴らしい戦いを見せてくれたね" とか英語でブツブツ言ってんだ、たぶん。"そして戦いに勝ったのはラファ・ナダル" という展開になったと思ったら再びフェデラーが登場。 "負けた僕の話が最後じゃダメだよね…" と言って自分が先にスピーチをしてた。

そしてその後ようやくラファの表彰へ。

フェデラーに対して "彼がいてくれて良かった" と。

e0147072_053563.jpg

e0147072_181184.jpg

素晴らしかったぞ!!006.gif


"what a shot!!" Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-02-02 01:20


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧