ブログトップ

窓際族と新人クンのハーモニー

―Pepeさん、最近どうですか?

元気ですよ。ただ、先週の横浜国立大学との試合中に足を痛めまして、今はチームの練習には参加していません。

―そうでしたか。怪我の具合は如何ですか?

足の裏を負傷しまして、まだ普段のように走れない状態です。サッカーが出来ないのは正直辛いですが、まぁ仕方ないです。今、やれることをきちんとやりたいです。

―今やれることとは、具体的に言うとどういうことでしょうか?

練習中や試合中に野次を飛ばしたり、チームのプレーにあぁだこうだ愚痴を言うことですかね。自分が試合に出ているときは、チームメイトに何を言うにしても"自分も含めて"という言葉を付け加えないと話にならないので、怪我をしているときはけっこう毒舌になれるので楽しいです。

―よくわかりません。詳しく聞かせてください。

例えばハーフタイムに、"もっと簡単にボールを放そう"とか、"運動量を増やそう"とチームメイトに言うとします。そう言うと、"じゃあお前はどうなんだ?"という話になり兼ねません。これはコブラに所属しているからというわけでは全くなく、また、どこのチームにいるかということも全く関係ありません。何故かというとそれは一人の選手の発言だからです。自分は監督ではないし、コーチでもないし、試合に出ているただの選手なわけです。だから結局は、チーム全体の話をする=自分もその対象だということです。一選手がチーム全体の話をするという作業はけっこう面倒臭いし、決して簡単なことではありません。だから、ひとまずは、何を言うにも"自分も含めて"という言葉を使うようにしています。そうすれば"じゃあお前はどうなんだ?"とは誰にも言われませんからね。だけど、本当はそうは言いたくないんですよ。もっと直接的に、胸にズシンとくるような言葉を使いたいんです。そうじゃなきゃ相手に伝わらないし、そうじゃなきゃ人は変わらないと思うし、そうじゃなきゃ結果的に試合に負けてしまうこともあると思っていますから。だけど、試合の重要度や、その日のゲーム展開、チーム状況なんかを鑑みると、現在のところは"自分も含めて"という言葉を使うことが多いと感じています。

―それは、どういうことでしょうか?

戦うスイッチが入っていないということですかね、自分も含めて。

―"自分も含めて"ですか。

はい。簡単に言うと、例えばPepeの友達に"コブラの試合は面白いから観に来てよ"とは今の状態では言えません、ということです。だけど、"二ヶ月くらいしたら、ぜひ観に来てよな。絶対おもしろいから!"と言いたいですね。

―二ヶ月ですか。

まぁ、だいたいです。ただ、時間が必要なことは確かです。新しい選手も加入しましたし、やはりすぐに結果は得られませんよ。もしかしたら、社会人選手権で優勝したということは、うまく行き過ぎていたということかもしれません。チームを抜けた選手もいますし、まだまだ試行錯誤の段階なのかもしれません。リーグ戦や天皇杯予選で勝てなかった言い訳では決してありません。ポジションとかフォーメーションの問題などではないと個人的には考えています。やはり、新しい環境に慣れるのには時間が掛かるものだと思うし、例え有能な人間が集まっていたとしても、客席が満席になるような美しいハーモニーを奏でるまでには、ある程度もしくは相当な時間の音合わせが必要だと思います。これは、なんとなく僕自身が感じることですけど、例えポジションを変えても、例えフォーメーションを変えても大きな変化はもたらせないと思っています。チームに必要なことは、「理解」だと思っています。

e0147072_23325329.jpg

―「理解」ですか。

新しい選手は、まずクラブの雰囲気や練習中の雰囲気などを感じながら、環境の中で自分の立ち位置を「理解」していきます。それは誰に教わるものでもなくて、自然と自分で見つけられるもので、気が付いたらチーム内での自分の「席」が決まるんです。会社のように自分の席が決まっていて、入社直後から自分の立場が決まっているわけでは決してありません。最初から自分で「席」を作る作業をしなければならなくて、それには多少の時間が必要なものだと僕は思いますね。

―元から所属している選手に対しては、どうお考えですか?

自分を「理解」してもらうことが必要だと思いますね。一人の加入選手がチームメイト25人を理解するまでには相当な時間が掛かりますが、25人の選手が一人を理解するのには、それほど時間が掛からないと思います。少しでも新しく加入した選手の労力を減らしてあげる努力をすることでしょうね。それが結果として、ゲームのなかで自分を生かすプレーに繋がると思いますし、周りを生かすプレーにも繋がると思います。

―「理解」するのに至るまでが、二ヶ月は必要だと言うことですね。

だいたい二ヶ月くらいは掛かるんじゃないですかねぇ、というくらいの話です。窓際族と新人クンの双方がそういう気持ちを強く持っていれば、その期間はもっと短くなると思いますし、逆であればその期間はもっと長くなってしまうでしょうね。恋愛に例えると、気になる異性がいて、互いに意識しつつも、どうも歩み寄れないような、面倒臭い時期みたいなものです。そんなものはモヤモヤして気持ち悪いので、早いところ好きなら好きと言ってしまえば良いんです。恋愛とは違い、チームスポーツなので、友達以上恋人未満とかいう言葉は存在しませんから、出来る限り早い段階で「理解」を深めることがチーム力向上のカギとなると僕は思います。

―なるほど。リーグ戦二試合で勝ち点は1。天皇杯の予選も昨年に引き続き初戦敗退。どう捉えていますか?

結果は本意とは異なりますが、これから上昇していくはずですし、その為にチーム全員で力を合わせて戦っていきます。今後対戦するチームも、おそらく"コブラを倒すぞ 奴らにひと泡吹かせてやろう"という気持ちを持って試合に臨んでくるでしょうから、僕個人としては、吹いた泡を口移しで戻してやりたい気持ちです。もちろん、対戦相手に対するリスペクトの気持ちは常に持っていますよ。どのチームにも本気で向かっていかないと、泡を吹いたままで負けてしまいますからね。レベルの高いリーグで、簡単に勝てる試合なんて存在しないことは直近の試合を通して全員が理解したことだと思いますから、もう大丈夫だと思いますよ。たぶん。

―"たぶん"、なんですね。

そりゃそうですよ。だって、ゲームは不確実なんですから。毎試合、勝利を目指して試合に臨むことは変わりませんが、毎試合必ず勝てるという保証はどこにもありませんからね。だけど、毎試合、勝利を目指して戦うよ、ということです。そういう意味での、たぶんです。

―わかりました。ひとまず怪我のケアを忘れずに。今日はありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。


Pepe
[PR]
by albondiga | 2012-05-14 23:33


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧