ブログトップ

つながり

煮え切らない。本当に煮え切らないのはサッカーに対する気持ちなんでしょうか…。
自分でもはっきりわからない。

偶然見かけたおばちゃんが着ていたのは2006年ドイツでのW杯で優勝したイタリア代表の記念Tシャツ。“かっこいいシャツ着てますね”と声を掛けると、“私ねぇ ユベントスが大好きなの!!”と少し興奮気味に返事が返ってきた。何度もイタリアまで試合を観に行き、スカパーで先日のマルディーニ引退試合を観たと言っていた。“日本対オーストラリアもテレビで観たけど、まだまだねぇ”なんて厳しい言葉もあった。ユベントスが好きなのはPepeも同じだということを伝えると話が盛り上り、70歳の日本人女性とイタリアサッカーについて話ができるなんて思ってもいなかったし、嬉しい気持ちになった。“デッレ・アルピでしょ??”“そうそう!!あなた良く知ってるわね~”なんて風に。まだまだ負けていられない!!
それはさておきとにかく楽しいひと時だった。

フットサル大会の運営を手伝ったのだけど、ペルー人のチームが参加していた。
試合の合間に話をすることが出来、楽しい時間だった。
“今度は一緒に球を蹴ろう!!”という話になり連絡先を交換。新たな出会いの一つだ。
縁になりますように。

審判業務も担当したのだけど、たまたまそのチームの試合の笛を吹いた。相手は日本人チーム。小規模ではあれど「日本‐ペルー」だ。Pepeの感じた両チームの一番の違いは「声」。始まりから終わりまでずーっと声を掛け合い、時には怒り口調で仲間を鼓舞し“気持ちで戦っている”という印象を受けた。当たり前といえば当たり前のことだ。
対する日本チーム。Pepeの推測する限り、ペルーチームに対して「こいつら何言ってんだ!?」という思いが頭から離れず、萎縮してしまっていたような雰囲気だった。本人たちがどうだったかは全くわからないけど、近くで見ていてそう感じたのだ。たしかにペルーは日本と比べてサッカーを“知っていた”。そういう選手が多かったし巧かった。ただ、声を出すことなんて誰だって出来ることだし、戦いの最中に相手が何を言っているかなんて理解する必要はない。まずは自分のこと考えろよってこと。うまく説明できないけど、まとめて言ってしまえば“好きで球を蹴ってるんだろ??”ってこと。
“相手が本気で向かって来ている それならこちらも本気でいきましょうか”って考えはおかしいでしょ。

人それぞれ取り組み方ってあるだろうけど、「ピッチに入ったら本気で」ってのは当たり前のことだとPepeは思うし、自分自身そうやってサッカーと付き合っている。

自分の意見を述べることって本当に大切。そんなことは世界中の誰もが知っていることだから改めてここで述べることはしないよ。ただ、ひとつ。TBSの「サンデーモーニング」でプロ野球の張本さんと大沢親分のコーナーあるでしょ?? 「喝!!」と「あっぱれ!!」のやつ。アレを見てるとつくづく自分の意見を言うことって、相手に自分を理解してもらう上で非常に便利な手段であることがわかる。二人が逆の意見を一緒に言う場面も時々あるのだけど、お互い自分の言葉で話を進めるから伝わってくる想いは強い。自信があるのだろうね。自分の言葉で話すということが信頼へと繋がるんじゃないかな。おもしろいよ。

“意志を伝えるとはなんぞや?” それに気がついたのは大学で所属していた英語ゼミで先生から聞いた言葉。毎回メンバーの一人がプレゼンテーションをやるんだ。テーマは自由。発表が終わると質問だったり、他のゼミ生の意見を聞く時間がやってくる。正直なところ上級生の話す英語はPepeにとって非常に難しくほとんど理解できないテーマもあった。だけど、自分の意見、聞いてみての感想を言わなければならない。“わけわかんねーよ”なんて言えるわけないし、さてどうしようと心拍数が上がりだす。何人かの質問とそれに対する回答が終わると部屋には沈黙の間が。他に質問する人もいないし、口を開こうとしない。すると先生が一言。“人間なんだからさ 意見がないってことはないよ 絶対にないから”はっきり覚えていないけど、そんなようなことを言っていた。

そりゃそうだ。なんだかわからないけど、それ以来“思ったことは言っておこう”という考えが芽生えだした。時々、度が過ぎることもあったりなかったりで、誰かを困らせることもあったかもしれないし、これからもあるかもしれない。そこはよろしく。悪気はありません。

プレゼンテーションの質問タイムだけど、理解できなかった時なんかは“Pepeにはちょっと難しいテーマだったよ でも今日の髪型かわいいね”とか、とりあえず言っとこうみたいな軽い気持ちで場をしのいだ。時間を稼いだ。やばいよね。先輩かわいそうだ。
でも、それだってPepe自身の言葉だからいいんじゃないかな? なーんてね。

同時に。
想いを心に閉まっておくことも大切。我慢とか忍耐って言うのかな。ちょっと違うかもしれないけど、むやみに何でも口に出すのは良くない。気をつけます。

ただ。
自信を持って。

オワリ


“un jugador puede fallar se llame como se llame” Pepe
[PR]
by albondiga | 2009-06-22 00:07


ゆるゆる通訳者(スペイン語)の、これまでとこれからを綴ったゆるゆるブログ。自身のサッカーについてもゆるゆる綴ります。メキシコ、トルーカ在住。


by albondiga

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Pepeの履歴書

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

タグ

(153)
(100)
(60)
(51)
(41)
(33)
(23)
(20)
(18)
(17)
(14)
(12)
(12)
(12)
(10)

お気に入り

irrumattio
そのうちサッカーマガジンで特集を組まれるであろう日本で唯一の∞チーム

Communication!Condision!Passion!
irrumattio 選手兼監督
古川貴弘 公式blog

R.S. Monterrey C.F.
Pepeの元所属クラブ

11contra11.com
サラマンカのスポーツ情報

futbolme.com
スペインリーグ順位表
1部、2部A、2部B…
3部以下もここでチェック

直助の球けり妄想記
青島さん(横浜G.S.F.C.)

HERO
Shunsuke

全ては勝利のために
Taro

booa的ごくらく日記
Taiji

Pepe日記「ピパス」
Pepe日記第一弾

検索

その他のジャンル

画像一覧